FC2ブログ

公益社団法人福岡県社会福祉士会 北九州ブロック研修会報告

 2015年10月24日に北九州国際会議場にて福岡県社会福祉士会北九州ブロック研修会が開催されました。
 内容は虐待について社会福祉士に求められるものというもので、児童・高齢者・障害者の分野から三人のシンポジストをお招きし、素晴らしい研修会となりました。
 私は、虐待という概念、虐待は人間の価値・尊厳の侵害という視点を再度確認するために、イントロダクションとしてお話をさせていただきました。
スライド1

スライド3
 虐待三法の施行された時期、そしてこの法律すべてが超党派の議員立法であることをお伝えしました。
 これは、虐待が社会問題としてとらえられるようになり、社会のニーズに対応すべ成立した法律であるので、社会福祉における社会的機能と言えるのではないでしょうか。
 そして、虐待は虐待者・被虐待者の関係だけでなく、社会的な背景も関係していることをお伝えしました。

スライド5
虐待の類型ですが、1身体的虐待、2心理的虐待、3性的虐待、4放置・放任(ネグレクト)、5経済的虐待について説明しました。
児童福祉分野ではDV防止法も深く関係しており、児童の親の暴力行為は心理的虐待になります。

スライド4
 そして、私たち社会福祉士が社会正義として拠り所とする「人間の尊厳」を著しく侵害する行為であることを確認しました。
 我が国の憲法でも13条に制定されているように、公共の福祉に反しない限り、個人の幸福追求は守られるべきものであるとお伝えしました。

スライド6
 最後に虐待は、人と人の関係の中に存在し、虐待者は被虐待者より何らかの支援を受けている関係にあることがほとんどです。虐待者は虐待を受けながらでも被虐待者に頼らざるを得ない状況にある場合、私たち社会福祉士はどのような支援ができるのでしょうか。
 と言う、質問の投げかけで私のお話を終了とさせていただきました。

 このあとのシンポジウムに関しては、また別の機会に報告させていただきます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊東 良輔 (いとう りょうすけ)

Author:伊東 良輔 (いとう りょうすけ)
一般社団法人ぱるむ 代表理事
人間関係学修士
心理学を背景とした対人援助の理論と実践について研究しています。
2014年、一般社団法人ぱるむを設立。北九州市小倉南区に「伊東良輔社会福祉士事務所」、「ケアプランセンター らび」を開設。
社会福祉士として対人援助に関する講座で講師活動や成年後見人としての活動に関する記録、非常勤講師として社会福祉士を目指す学生の皆さんへの指導の記録。
視覚障害生活訓練等指導者として同行援護従業者養成講座を開催した講座の内容等を中心に紹介していきます。

資格
・社会福祉士
・精神保健福祉士
・介護福祉士
・介護支援専門員(ケアマネジャー)
・福祉住環境コーディネーター2級・3級
・福祉用具プランナー
・視覚障害生活訓練等指導者
・相談支援専門員
・全身性ガイドヘルパー

社会貢献活動
・公益社団法人日本社会福祉士会 理事
 国際担当理事
 LGBT担当理事
・公益社団法人福岡県社会福祉士会 理事
 ぱあとなあ福岡所属(成年後見人)
 独立型社会福祉士支援委員会
 障がい者支援委員会
・日本ソーシャルワーカー連盟
 国際委員会
・日本障害者協議会 理事
 総務委員会 http://www.jdnet.gr.jp/guide/yakuin/member/ito.html
・日本障害者リハビリテーション協会 総合リハビリテーション研究大会
 常任委員
・アルコール健康障害対策基本法推進ネットワーク
 幹事
・北九州市障害支援区分認定審査会 委員
・宗像市・福津市介護認定審査会 委員
・中間市障害支援区分認定審査会 委員
・宮若市障害者計画・障害福祉計画推進協議会 委員
・福岡県介護実習・普及センター 運営委員
・福岡県社会福祉協議会 運営適正化委員
さわやか福祉財団 さわやかインストラクター

一般社団法人ぱるむ
・伊東良輔社会福祉士事務所
・ケアプランセンターらび
・権利擁護センターせるもん
〒803-0273
福岡県北九州市小倉南区長行東1丁目11-16
一般社団法人ぱるむ 長行事務所
TEL:093@776‐7115
FAX:093@777‐5068
ホームページ:http://hp.kaipoke.biz/zau/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

社会福祉士の視点
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR