FC2ブログ

バイスティックの7原則

 先日、ソリューションフォーカスアプローチについて、本ブログで紹介させていただきました。
 対人援助技術は様々な体系で発展している現在ですが、どのような技法も「クライエントが主体性を持って生活することを援助する」という基本的な考え方の上に成り立っています。
 対人援助職がクライエントと向き合う基本的な姿勢をまとめたものがバイスティックの7原則です。
 この原則は対人援助の様々な場面で考え方の基本となるもので、私たち社会福祉士も相談援助技術の基本として学習しています。

① 個別化の原則:クライエントを個人としてとらえる
  クライエントの抱える問題は、その人にとって唯一無二の個別的なものです。経験のある援助者は過去のケースと重ね合わせたりして対応してしまいがちですが、問題状況に応じて個別的な対応をすることが必要です。

② 意図的な感情表出の原則:クライエントの感情表出を大切にする
  援助者は援助関係の中でクライエントが自分の考えや感情を自由に表現できるように働きかけることが必要となります。

③ 統制された情緒的関与の原則:援助者は自分の感情を自覚して吟味する
  クライエントが表出した感情に流されることなく援助者の立ち居地を守りつつ援助を行うことが必要です。

④ 受容の原則:受け止める
  クライエントが現在の状況に至った経緯、その人となり、現実を受け止めることが必要です。

⑤ 非審判的態度の原則:クライエントを一方的に非難しない
  援助者が自分の価値観や倫理的判断によって、クライエントの行動や態度を批判したり、問題の発生原因について有罪を審判・非難しないことが必要です。

⑥ 自己決定の原則:クライエントの自己決定を促して尊重する
  援助者は人間は本来、問題への対応のしかたを自分自身で決める能力をもち、また自分で決める権利を持っているという個人の尊重の考え方をすることが重要です。

⑦ 秘密保持の原則:秘密を保持して信頼感を醸成する
  援助者は専門的な援助関係において職務上知り得たクライエントの情報について、その秘密を守り、他者に漏らさないことを前提として信頼関係を構築していきます。

 今回、バイスティックの7原則について紹介いたしました。
 対人援助の現職の方にとっては当然のことかもしれませんが、この当然と思われる事も援助の経験が増えていくと援助者のやりやすさに置き換えられていることもしばしばです。
経験値が増えていくと共に陥りやすい「パターナリズム父性主義)」についても、今後紹介していきますね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊東 良輔 (いとう りょうすけ)

Author:伊東 良輔 (いとう りょうすけ)
一般社団法人ぱるむ 代表理事
人間関係学修士
心理学を背景とした対人援助の理論と実践について研究しています。
2014年、一般社団法人ぱるむを設立。北九州市小倉南区に「伊東良輔社会福祉士事務所」、「ケアプランセンター らび」を開設。
社会福祉士として対人援助に関する講座で講師活動や成年後見人としての活動に関する記録、非常勤講師として社会福祉士を目指す学生の皆さんへの指導の記録。
視覚障害生活訓練等指導者として同行援護従業者養成講座を開催した講座の内容等を中心に紹介していきます。

資格
・社会福祉士
・精神保健福祉士
・介護福祉士
・介護支援専門員(ケアマネジャー)
・福祉住環境コーディネーター2級・3級
・福祉用具プランナー
・視覚障害生活訓練等指導者
・相談支援専門員
・全身性ガイドヘルパー

社会貢献活動
・公益社団法人日本社会福祉士会 理事
 国際担当理事
 LGBT担当理事
・公益社団法人福岡県社会福祉士会 理事
 ぱあとなあ福岡所属(成年後見人)
 独立型社会福祉士支援委員会
 障がい者支援委員会
・日本ソーシャルワーカー連盟
 国際委員会
・日本障害者協議会 理事
 総務委員会 http://www.jdnet.gr.jp/guide/yakuin/member/ito.html
・日本障害者リハビリテーション協会 総合リハビリテーション研究大会
 常任委員
・アルコール健康障害対策基本法推進ネットワーク
 幹事
・北九州市障害支援区分認定審査会 委員
・宗像市・福津市介護認定審査会 委員
・中間市障害支援区分認定審査会 委員
・宮若市障害者計画・障害福祉計画推進協議会 委員
・福岡県介護実習・普及センター 運営委員
・福岡県社会福祉協議会 運営適正化委員
さわやか福祉財団 さわやかインストラクター

一般社団法人ぱるむ
・伊東良輔社会福祉士事務所
・ケアプランセンターらび
・権利擁護センターせるもん
〒803-0273
福岡県北九州市小倉南区長行東1丁目11-16
一般社団法人ぱるむ 長行事務所
TEL:093@776‐7115
FAX:093@777‐5068
ホームページ:http://hp.kaipoke.biz/zau/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

社会福祉士の視点
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR