FC2ブログ

第2章 同行援護の制度と従業者の業務 ⑦

 第二章の⑦は実務上の留意点です。
 同行援護の社会的な役割について触れてきましたので、最後は同行援護に従業する者と、同行援護を利用する視覚障害者への留意点をお伝えします。

スライド52    
 1 全般的な部分では、対人援助職の基本的な姿勢として、
 ① ハラスメント(不適切な言動)をしない
    これは、説明するまでもないと思います。制度を利用する視覚障害者への不適切な言動は控えましょう。
 ② 守秘義務の厳守
    これも、当然のことで、サービスを利用した視覚障害者の話を他者にしない。
 ③ 個別の対応をしない
    バイスティックの7原則と異なるようですが、これは「業務の範疇を超えた対応」となります。お互い人間なので、仲良くなった方には、同行援護の支援内容以上の支援をしてしまいがちです。しかし、その行動が視覚障害者のQOLの低下を招くことになる可能性があることもプロとして意識しておきましょう。
スライド53
 2 同行援護従業者が留意すべきこと
 ① プロ意識を持つ
    これは1-③でもお伝えしたように、視覚障害者支援のプロとしての自覚を持つことが大切です。
    意識の低下は、安全性の低下につながり、さらには視覚障害者のQOLの低下に繋がります。
 ② 費用的負担をさせない
    よく質問があるのが、「サービス提供中の食事代」についてです。
    これは、視覚障害者の性格もありますので、トラブルを避けるためにも、食事を伴う場合は事前に視覚障害者と事業所で協議しておきましょう。
 ③ 利用計画を履行するするために必要な準備を行う
    同行援護のサービス中に迷う、公共交通機関を乗り間違える等がないように、目的地までのルートは調べておきましょう。
 ④ 同行援護技術の向上
    養成研修が全てではありません。研修時間は最低限の内容ですので、スキルアップ研修などに参加して常に最新の情報を入手することが大切です。
 ⑤ 移動中に起こる様々なリスクに対応する
    リスクマネジメントに関しては2-⑥を参照してください。
 ⑥ 未知の地域の情報取得
    これは③にも書きましたが、サービス提供中に迷うことなくスムーズに支援ができるように下準備として情報を取得しておくことが重要です。
 ⑦ 社会的環境を理解する
    社会性の検討に近いのですが、サービスを利用する視覚障害者の生活圏のローカルルールを知ることの重要性を伝えています。例えば、福岡県ではエスカレーターは左に乗って、右は急いでいる人のために空けています。しかし、関西圏では逆になります。このようにローカルルールを理解することで、地域になじんだ支援が可能となります。

スライド54
 3 視覚障害者として留意すべきこと
 ① 同行援護業務以外の依頼
    同行援護は外出に伴う支援ですが、自宅内の仕事を依頼されることがあります。依頼する視覚障害者との信頼関係もありますが、自宅内の支援は家事援助で行うことが原則ですので、依頼する視覚障害者も注意が必要であることを意味しています。
 ② 視覚障害者の購入した物の所持
    同行援護従業者の職務は外出時の安全の確保と情報提供です。よって視覚障害者の荷物は本人が管理することが大原則となります。
 ③ 時間や内容の変更
依頼している時間や内容を変更する場合は、できるだけ早い段階で事業所に連絡してください。事業所は同行援護従業者の手配を行いサービス提供の準備をしているので、体調不良等のやむをえない理由以外でのドタキャンは視覚障害者福祉の低下につながることとなります。
 ④ 白杖の所持
    白杖は視覚障害者のシンボルとして、外出する場合は携帯することが道路交通法第14条で義務付けられています。
    しかし、中途視覚障害者は視覚障害者であることを知られたくない方も少なくありません。そのため白杖の携帯を嫌う方もいらっしゃいます。その場合は、白杖を携帯することを強制するのではなく、視覚障害者と事業でどのように安全を確保するか話し合いをすることが大切です。

スライド55
 4 制度的な留意点
 ① 同行援護従業者の従事者数
    平成24年10月から施行された同行援護ですが、従業者の数は決して多くありません。
    今後も日本全国で養成研修を実施して、同行援護従業者を養成していくことが重要です。
 ② 研修会など
    技術の向上でも書きましたが、養成研修が全てではありません。あくまで同行援護従業者として活動するための最低限の技術です。そのため、養成研修終了後は、地域の勉強会や研修会に参加して、更なるスキルアップを目指しましょう。
 ③ 制度の周知
    同行援護を始め、視覚障害者支援の制度はまだまだ知られていません。
    私が東日本大震災の支援ボランティアとして岩手、宮城、福島の視覚障害者の支援に行ったとき、当事者、家族はもちろん、役場の方でも制度を知らない方がいらっしゃいました。今後、視覚障害者福祉の総合的な向上のために、制度を広く伝えていくことが大切です。
 ④ 家族やボランティアなど
    視覚障害者のQOL向上のためには専門職だけが頑張るだけでは総合的な向上には繋がりません。家族の理解、ボランティアの参加により、幅広い支援が可能になります。地域で行われている家族教室やボランティア養成研修も重要な役割を担っていることが理解できます。
 ⑤ 視覚障害者としての研修
    視覚障害当事者も総合的な福祉の向上のため技術を身につけることが重要です。
    それは、「手引きを安全に受ける技術」であったり、「自ら望む支援を適切に相手に伝える技術」であったりします。各地域の視覚障害者団体の勉強会や、市町村で実施されている視覚障害者生活教室などに参加し仲間作りや技術を共有していくことが大切です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

伊東 良輔 (いとう りょうすけ)

Author:伊東 良輔 (いとう りょうすけ)
一般社団法人ぱるむ 代表理事
人間関係学修士
心理学を背景とした対人援助の理論と実践について研究しています。
2014年、一般社団法人ぱるむを設立。北九州市小倉南区に「伊東良輔社会福祉士事務所」、「ケアプランセンター らび」を開設。
社会福祉士として対人援助に関する講座で講師活動や成年後見人としての活動に関する記録、非常勤講師として社会福祉士を目指す学生の皆さんへの指導の記録。
視覚障害生活訓練等指導者として同行援護従業者養成講座を開催した講座の内容等を中心に紹介していきます。

資格
・社会福祉士
・精神保健福祉士
・介護福祉士
・介護支援専門員(ケアマネジャー)
・福祉住環境コーディネーター2級・3級
・福祉用具プランナー
・視覚障害生活訓練等指導者
・相談支援専門員
・全身性ガイドヘルパー

社会貢献活動
・公益社団法人日本社会福祉士会 理事
 国際担当理事
 LGBT担当理事
・公益社団法人福岡県社会福祉士会 理事
 ぱあとなあ福岡所属(成年後見人)
 独立型社会福祉士支援委員会
 障がい者支援委員会
・日本ソーシャルワーカー連盟
 国際委員会
・日本障害者協議会 理事
 総務委員会 http://www.jdnet.gr.jp/guide/yakuin/member/ito.html
・日本障害者リハビリテーション協会 総合リハビリテーション研究大会
 常任委員
・アルコール健康障害対策基本法推進ネットワーク
 幹事
・北九州市障害支援区分認定審査会 委員
・宗像市・福津市介護認定審査会 委員
・中間市障害支援区分認定審査会 委員
・宮若市障害者計画・障害福祉計画推進協議会 委員
・福岡県介護実習・普及センター 運営委員
・福岡県社会福祉協議会 運営適正化委員
さわやか福祉財団 さわやかインストラクター

一般社団法人ぱるむ
・伊東良輔社会福祉士事務所
・ケアプランセンターらび
・権利擁護センターせるもん
〒803-0273
福岡県北九州市小倉南区長行東1丁目11-16
一般社団法人ぱるむ 長行事務所
TEL:093@776‐7115
FAX:093@777‐5068
ホームページ:http://hp.kaipoke.biz/zau/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

社会福祉士の視点
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR